カジノを合法化する影響について

ゲーム性の高いギャンブルとしてカジノは世界各国で合法化になっている国がありますが、カジノを立地させるということは必ずしもマイナスの影響ばかりを与えるというわけではありません。非常に多くのプラスの側面を持つのも事実です。まずカジノが立地している地域は人々の行き交いが盛んになります。人が多く集まるということはそこで消費活動が生まれるというのも事実であり、その地域の飲食店やホテルに小売店など様々な企業が潤うことになります。不景気で悩まされていた地域の場合には好景気になり活気が蘇ることもあるので、好影響を与えます。ある程度の制限を設けて合法化することは日本国内でも議論がありますが、カジノがあることで生活が豊かになり地域経済の活性化にもつながる場合があるというメリットもあるのです。

カジノがあって好影響が与えられるのは企業だけではありません。地方公共団体の税収も増えるので、その地域の住民サービスの質が向上したり、新たな施設を建設できるようにもなるので、地域社会全体が豊かになります。カジノのを運営している企業は必ず立地している場所の自治体にも税金を納めますから、かなりの利益がある場合にはその分の法人税が地域に還元されるのです。こうした事実からも高齢化や生産人口の減少によって税収が減り続け頭を抱えている地域でも誘致を検討していることがあり、誘致によって起死回生を狙っている地域もあるのです。ギャンブル場ができるということは忌避される傾向にありますが、地域社会や経済にかなりの良い影響が与えられるので、景気回復の観点からも合法化が議論されている状態です。

カジノがあるのはその地域の住民にも少なからずメリットがあります。まず誘致された場所で働くスタッフが必要となるので、雇用が生まれます。ディーラーは大きな遊技場の場合かなりの人数が必要なので、職に就くことが出来なかった方にも就労する機会が与えられます。ただ単にカジノで働く人だけではなく、その周辺の飲食店でも人手不足になったり、小売店でも人材を大量募集することがあるので、立地していることで多くの雇用が生まれます。マイナスの側面のみを増幅させて報道されることも多い議論ですが、地域住民にとってはむしろプラスの影響のほうが大きいこともあるのです。雇用や税収に地域経済の活性化など、遊技場があれば多くの地域社会の問題を解決できるので、地方公共団体からの誘致検討の議論も盛んです。