ヨガで笑おう!っていうけど、すでに無理してない?

レッスン前の、少し静かな時間。

スタジオに初めて来て、「これからの60分、どんななんだろ?」と、少し緊張していた人もいたみたいです。

でも、これは、Mizue先生ののびのびヨガ。ご心配なく。難しいポーズは少なく、ゆっくり動きます。ヨガならではの呼吸に意識を向ける余裕もあるので、体も温まり、最後は深くリラックスする時間がやってくる。

ZERO式ホームページ制作の詳細はこちらをどうぞ

でも、こんな文字通りのびのびしたレッスンでも、最初にそう分かっていても、初めてだと、どうしても固くなる。本能的に防衛モードになります。

それは仕方ない。「大丈夫」と言われて、何度裏切られたか。「楽勝!」と思っていたのに、何度失敗したか。こんなことから、防衛本能は、どんどん鍛えられていくのです。

不測の事態に備えて、360度アンテナを張っていないといけない。隙を見せちゃいけない。うかつに口を開いちゃいけない。

荷物をいつも体の前で抱えている人を見ると、自分のほうが心配になります。「大丈夫?気を張り詰めすぎてない?」なんて。

だけど、実は自分も、見えない荷物をいつも胸の前でぎゅっと抱えてるのかも。

「どこからでも、かかってきなさい」と言えたら、かっこいいけど、それは長い長い修行の結果。(ドラゴンボール?古いっ)

いや、私、いつも笑ってるし。みんなから、エンターテイナーって言われてるし。緊張しないし。

もし、あなたがそう言ったとして、すでに少し無理しているんじゃない?毎日の生活は笑えることだけで、できていないから。笑うことで守りに入ってない?

ちょうどいい、のびのびは、どこでどうやって手に入るんだろ。最初は、伸ばしてくつろいで、普通に呼吸する、くらいかも。どきどきするのは、楽しいけど、それは、別の人と、別のときにね。

ヨガの前2時間は、お食事はしないでね。

ヨガ初めてなんですけど・・という方に、お伝えすることの一つが、これ。

おなかがいっぱいのときのヨガはお勧めしません。消化にエネルギーを使わないといけない時間だし。

ねじりのポーズや、頭の上げ下げなんかした日には、おなか苦しい・・・なんてことになります。とはいえ、一度や二度やって反省して、やっと納得するなんてことも、ざら。

大体2時間くらい前までに、食べ終わっていればいいと思います。ヨガでなくても、食べてすぐ動くのはつらい。

今思うと、小学校の5時間目の体育ってすごいですよね。しかも、その頃は、普通に走ったりしてたような。子供は消化が早いんでしょうか。ぐぐっても、よくわからなかったです。誰か知ってたら教えて・・。

写真は、陰ヨガやrock’N’yoga担当のTamaki先生の、ヴィラアサナ、正座から後ろに倒れる、膝にやさしい陰ヨガバージョンです。ボルスターを使って、さらに軽減バージョンになっています。のーびのびしてて、気持よさそう。

お尻を床につけて、膝を外に開いて、後ろに倒れるバージョンだと、膝が痛い人にもお勧め。家でやるときは、クッションや枕を上手に使って腰もサポートしてください。

できる人は、片足を前にのばしてもOKです。

これは、数少ない「おなかいっぱいでもやっていい」、「消化が促進されるので、むしろやったほうがいい」ポーズ。

食欲の秋になる前に、練習しておいて、秋のグルメに備える。それはそれで、どうだろ?でもまあ、堅いことは言わないことに。

このブログを作ったホームページ制作会社はこちら

 

泣きたいときのヨガ

月曜のホームページ制作担当
が、私ことkeiなんですが、昨日の朝、ちょっとあせったことが。

とある駅で、いつも乗り換える電車が車両点検で運休!次は20分後!

朝は電車の本数が少ないし、普段降りない駅だと、この後、どう乗り継いだらいいのか、わからなーい。

朝ヨガに来る皆さんをお待たせしちゃだめ!

駅員さんも見つからず、「アナウンスも運休です」と言うだけ。でも、かなりの人が、一定の方向に歩いているので、着いていきました。さて、自分はどこに行くんだろ。

早朝なので、ほとんどの人が一人で、話声もしません。途中で改札を抜けるとき、駅員さんと話している人がいて、やっと自分が向かっている先がわかりました。その乗り換えだったら、ちゃんと表参道に行けます。

ちょうど来た電車に乗って、時計を見ると、皆さんが来始める時間にはぎりぎり間に合いそう。表参道駅に着いたら、雨だったけど、傘もささないで走りました、久しぶりに。

スタジオに着いて、準備が終わったら、少しだけ時間があって。

はーあ、思わず体育座りの前屈で、ぺったり・・・。知らない人が見たら、「泣いてますか?」的。

おお?。

この前屈の意味が、もう一歩わかった気が。

一般的に頭を下げるポーズは、外の様子に影響されずに自分に集中でき、気持が落ち着くと言われています。

でも、それだけじゃなくて。

膝を曲げたら、子供が泣いているときの姿勢ですよね、これ。この前屈は、泣いて何かを忘れるポーズなのか・・。

何か発見する都度、ヨガ風な説明をつけるのは、好きじゃないんだけど、「今度、泣きたいことがあったら、泣かないで前屈しよ」なんて。そもそも、こういうことを考える人間は,泣くことも、あんまりないのです。

写真は、少し前に、ホームページ制作会社にいらした方の前屈(パスチモッターナアサナ)です。今日のブログのために、前屈してくれたわけではないのですが。さすがベテランさんだけあって、とってもきれい。

ヨガには繋がらないように。

年々、お盆も働く人が増えているみたいです。

昨日、金曜の朝ヨガも、いつも通りレッスンの後、大体の人が会社に行きました。(行ってらっしゃい!)まあ、休みなら来ないですね。

レッスンもいつも通り。

担当のMiki先生の話しぶりは決してなめらかではないのだけど、聞いててほっとします。(Miki先生、ごめんなさいm(_ _)m)

「そんなんゆうてええのん?」と思うような失敗ネタなども、しゃらっと言っちゃうから、こちらが少し心配。でも、そこが、Miki先生の魅力。

それに、Miki先生のクラスは、「いいのよー」が多くて好き。

うまくポーズが取れなくても、左右を間違えていても、Miki先生が、そう言ってくれるので、「へへっ」みたいに続けられるのです。

習い事系のホームページ制作会社のページはこちら

やはり、ヨガは、「ちょっと面白そう」くらいで始めるのが、いいですよね。

「ヨガは、こうあるべき!」という、芯の通った考えを持つのは、すばらしいと思うけど、恐らく、そういう人は、このブログは読んでないはずだし。

そこまで、縛られなくてもいいじゃん、ヨガなんだし。

少しだけヨガ的(?)に言えば、何かに縛り付けられて、こんがらがった結び目だらけのあなたや私をほどいてくれるのが、ヨガなんだから。また、縛り付けられちゃったら、違うと思うんですよね。

昨日いらした皆さんが、一つでも結び目がほどけてたら、うれしいです。まあ、一つ、ほどくのだって大変だし。ほどくうちに、別の場所が二つくらいこんがらがるのが常。

例えば、ネックレスの鎖が絡まって知恵の輪みたいになってる(私だけ?)のを、ほどいていると、どんどん絡まっていく気がするんですけど。

自分でほどけない、きつい結び目になったところはMiki先生に切ってもらいましょ。残りは自分でね。

その前に、こんがらがらないシンプルな生活ができるのが、一番。でも、それができたら、こんな苦労はしてないですよね。

何でも、ヨガってつけりゃいい、って思ってるでしょ?

お昼寝ヨガ。

「何でも、ヨガってつけりゃいい、って思ってるでしょ?」という突っ込みは必至。

「いや」というか、「はい」というか。

一応、考えてつけたんですけど、この名前。

これまでメルマガ読者の方だけ、ご案内していた「お昼寝ヨガ」。今週からオープンクラスになります。毎週水曜のお昼にやってます。

KYOGAさんのホームページを作った制作会社のページはこちら

12時から13時半まで、好きな時間に来て好きな時間に帰ってOK。着替えも要りません。座ってできる簡単なヨガポーズで、オフィスワークで疲れた肩周りをほぐす、ただただ床の上で休む、ついでにお昼寝、何でも可。

夏は、ただでさえ疲れる。お昼ご飯を食べると一気に眠くなる。ほどよく涼しいところで10分でも横になると違うでしょ。

会社の机で、うつ伏せ寝もいいけど、あれは、ヨダレが心配だし。何かに顔をつけて寝るとメーク崩れるからいや。だったら、しっかりあおむけ寝でしょ。

こんな、話から始まったのが、「お昼寝ヨガ」なのです。

私が台湾のお客さんのところに行ったときのこと。お昼休みに、外でご飯を食べて戻ると、オフィスの電気が消えています。節電?と思いきや、いやいや、みんな寝てる。

うつ伏せ寝じゃなくて、机の上で寝てる人も。文字通り机の上で!自分と同僚の机を占領して、ファイルなんかの上で無造作に寝てる。薄暗い中で、よく見ると、あっちもこっちも・・・。さすがに女子はソファで寝てましたけど。

でも、これいいですよね。机の上は痛いけど、お昼寝が普通にできるのって。

担当はVayu先生、やさしい話し方に、ついうとうとします。

今週はお盆で会社の少しのんびりな人も多いのでは?ランチタイムぎりぎりでも、大丈夫かもよ。ぜひお昼寝ヨガ、試してみてね。

お昼寝ヨガ:

  • 水曜日12時?13時半
  • 前半15分ほど、座ってできる、簡単なヨガポーズでほぐしますが、入室退室自由なので、間に合わなかった人、シャバアサナだけしたい人、ウェルカムです。
  • 女性のみ
  • 着替え不要、予約不要
  • 費用:千円
  • 担当:自力整体ヨガ担当のVayu先生

頭がすっきりするヨガ

最近、色々なクラスでやっているヘッドスタンド。初めての人は難しいでしょうけど、いろいろいいことがあるのです。よく言われるのはアンチエージングとか、むくみがすっきりして、目が大きくなるとか。

ホームページの作り方はこちらを参照してください

砂時計をひっくり返すと、何が起きますか?上にあったものが下に、下にあったものが上になります。

要は、そういうこと。

下にあったものは、上から押される重みから解放される。下に淀んでいたものがあれば、ひっくり返すことで、流れていきます。

上にあったものは、普段感じることのない重みが新たな刺激となる。自分の力で上にあるものを支えるには、普段と違う体の場所も使い、意識を向けないといけないのです。

ヨガのポーズや効果を説明すると、いつも何か、動きだけでないことも一緒に説明している気がします。考え方に近いようなことを。例えば、このヘッドスタンドの説明って、ビジネス書に、同じことが書いてあってもおかしくない、と思いませんか?

いつも最後にすることを先にする。

いつもやらないことをやり、いつもやることをやらない。

いつもと違う場所から、周りを見る。

ヨガのポーズを取ることは、ヨガの学びの中で言えば、最初のほんの数歩のところ。だけれど、体の動きを覚えるだけでも、その先の先にある考え方も示しているのかもしれません。

とはいえ、一瞬のポーズの間に、あれこれ考えられないです。何度も繰り返し、できるようになる過程で、考えも深まっていくように思います。

写真は、木曜朝ヨガ日曜英語ヨガ担当のNaomi先生。これは、どこで撮った写真なんでしょう。気持ちよさそうー。

naomi headstand

また、はじめまして、K YOGAです

K YOGAのゆるーいヨガブログを引越ししました。

これからも!よろしくお願いします m(_ _)m

毎日暑い。昨日は、危険なほどでしたね。

今日は少し楽な34度くらい、昨日から比べてマイナス4度。もう34度なんて全然平気な感じです。

さて、8月20日発売号のターザンに「Mizue先生登場!」です。パワーヨガの指導をしています。

撮影の時のエピソードは、パワーヨガメンズヨガのびのびヨガのレッスンのときに聞いてみてください。これまた、楽しい話がいっぱいだから。

おなじみポーズでも、写真でじっくり見ると、また違った発見があります。自分がポーズを取るとき、こんな風になってるかな。

ぁあ、足の位置はこのあたりなんだ。

どんなに写真で見ても、実際にできるかは別。

だけど、写真のモデルさんや隣の人が、どんなポーズを取っていても、あなたはあなたのポーズを取ればいいんだし。

ヨガスタジオに鏡がないのは、本当にステキだと思うわけで。

ときどき、「鏡ないんですね、ここ」って言われるのですが、自分の姿を見る必要がないのがヨガなのです。何かに映さなくても自分がわかるのだから。

ヨガスクールのホームページ制作はゼロ式へ

もちろん、そう分かっていても、自分が写真に映ったときに、うれしくなったり、「こんなんなんか・・」とあぜんとしたりします。それはそれで楽しいと思えたら、ヨガをやっている意味があるんじゃないかな。