ヨガ ハトのポーズ ピジョン

2017年のカレンダーができました

2017年のカレンダーができました。映って下さった方には、プレゼントしています。スタジオでインストラクターにお声かけくださいね!

写真は、金曜夜のハタヨガソフト担当のYuko先生のハトのポーズ。

ハトのポーズは結構難しいので、家で練習したり、スタジオでも何週間かかけて練習し撮影に挑んだチームもあったとか。自分が気にするほど、周りはあなたの写真を見てないから(ごめんなさいm(_ _)m)、自分の姿は自分でしげしげ眺めて、にんまりしてね。

冬休みに復習(?)したい人は、ウォーミングアップが十分に終わっていないと、つらいし体を痛めやすいので、太陽礼拝などで体を温めた後、ハイランジやローランジでそけい部とお尻をしっかり伸ばしてからやってみてくださいね。

こんなハトのポーズみたいに、バリエーションが沢山あるポーズは、ステップバイステップで練習し、少しずつだけど進歩が目に見えるから楽しいね。

一方、できるかできないかしかないポーズもある。超えるべき大きな節目があるというか。例えば、ブリッジみたいな。少しでも体が浮くか浮かないかで、自分の達成度がまったく違う。どんなにエゴヨガといわれても、どんなにアライメントがぐちゃぐちゃといわれても、ほんの一瞬でも体が浮いたら、「今日は晴れ?」みたいな気持になる。ヨガは天気予報でも占いでもないのにね。

そんな「見た目だけでもなんとかしたい」、「実際以上に見せたい」、「本当の自分はこんなことくらい簡単にできるはず」、「できなきゃ自分じゃない」という虚栄心は、他人より前に自分を欺くことでしかない。ヨガをやる以上、戒めるべき行いなんだけど、なかなか。ポーズより先にそこでしょ。むしろ、ヨガをやることで虚栄心が煽られるのだったら、やらないほうがましなのかもしれない、とすら思う。

ヨガスタジオのレッスン中に腰を痛くしてまでブリッジをしたところで、インストラクターが「あー、それじゃ腰痛めるから緩めて」と言う以外は、誰も見ていない。自分はそこまでバカじゃないから、自分に欺かれているのだってわかっている。体は「腰痛いんだけど・・」と悲鳴を上げても、「よし、ブリッジできた!今日の点検終了!」というOKサインが出るまでは、我慢する。

なんだろう、これ。「こんなのできないの?」と周りに馬鹿にされるのだって悔しいけど、「えへっ」て言えばいいだけだ。周りは「馬鹿にしてないよ」と言っても、自分にはそう聞こえるんだけどね。

でも、自分に「なんでできないの?」と言われたら、もうどこにも言いわけのしようがない。許しようがない。できない自分やできるまでやらない自分を嫌いになるだけ。そんな気持ちが体を痛くしても、そのポーズをやってしまう理由なのだ。

本当は違う。みんなもそれでいいと言ってる。自分にだって「えへっ、今度頑張る」と言っていいはず。体は絶対ほっとするはず。来年は、その練習からだな。
コンテンツマーケティングの勉強もするのが楽しみ。

投稿者:

kei

K YOGA STUDIO 表参道 : 毎日忙しく頑張る人専用ヨガスタジオ。予約不要。平日の朝ヨガで変わりませんか。  Kei →ブログ、HPなど、書く方面(&月曜朝ヨガ)を担当。 K YOGA: Sun-filled yoga studio in Omotesando for busy office workers. All drop in, reservation not required. Let's enjoy morning yoga! Kei -> Monday morning yoga instructor, also writes web and blog.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です